最新情報・レポート

盗聴器に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。盗聴器や調査に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いいたします。

特定の人物だけが狙われる訳ではありません

我々が盗聴器に持つイメージはテレビなどの影響で、何者かが部屋に侵入し盗聴器を仕掛けていくというものが強いと思います。この場合、その人物に対して盗聴を行なうという特定の相手に対して盗聴を行う場合の話です。しかし、盗聴は特定の人物だけどターゲットにしているとは限らないのです。これまでの記事でも紹介されていますが、盗聴器というものは電化製品を始めとした様々な物の中に簡単んに仕掛けることが出来るので、盗聴器の入った商品を売りまくり、後から購入した人を探すという手口も存在します。また、デパートのトイレの中や銭湯といった施設で盗聴を行なうとう輩も存在します。こう考えると盗聴器は自分が思っているよりも身近な存在だとは思いませんか?盗聴器が身近に設置されている可能性があるということは、こちら側もしっかりと対策を行わなければならないということになります。自分で出来る盗聴器対策としては、訪問販売員や勧誘員といった見知らぬ人物を安易に部屋の中に入れない。自分の知らないものが増えていないか気を配っておく等の方法があります。それでも心配な方は、盗聴器発見調査のプロの業者に盗聴器が仕掛けられていないか調査してもらうという方法もありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

選ばれる4つの理由

  • 0120-949-667
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 盗聴器発見110番とは

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます