最新情報・レポート

盗聴器に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。盗聴器や調査に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いいたします。

盗聴器発見器は自作できる?自分で調査する方法・業者利用について

盗聴器発見器は自作できる?自分で調査する方法・業者利用について

個人情報を知るため、嫌がらせ行為をおこなうため、単なる好奇心のため……など、盗聴器を仕掛ける理由は多岐にわたるようです。もしも身近に盗聴器があるかもしれないと感じる場合は、自身の安全のためにも念入りに調査しておくようにしましょう。

「業者へ依頼しておきたいけど、少し手が出しづらいな」と感じる方もいるかもしれません。本コラムでは、盗聴器発見器を自作する方法や発見機を使う方法、業者へ依頼する際のメリットなどについてご紹介します。

盗聴器に不安を感じており、盗聴器発見器の利用をお考えの方は、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

盗聴器発見器は自作できる?

費用などの関係で、盗聴器発見器を購入するのに抵抗があるという方もいるかもしれません。ここからは、「盗聴器発見器を自作したい」という方に向けて、さまざまな発見方法を解説していきます。

盗聴器発見器は自作できるか

広域帯の受信機を使い、周波数を合わせたりして自分で探すことは可能です。しかし、最近の盗聴器は高性能なタイプも多く、これらの発見器を使用しても探しきれないでしょう。ただし、一部の盗聴器であれば発見方法があります。

FMラジオを使う発見方法

われわれの生活にもなじみのある「FMラジオ」は、盗聴器の周波数に近いです。そのため、FMラジオを使って一部の盗聴器を発見することができます。ここでは、FMラジオを活用する発見方法をご紹介していきます。

〇発見方法

  1. テレビや音楽など、部屋に音を流す
  2. FMラジオの電源をいれて、周波数帯をゆっくり上げる
  3. 部屋中を歩き、FMラジオの様子を見る

もしFMラジオから部屋で流している音が聞こえた場合は、盗聴器が仕掛けられている可能性が高いです。また、部屋を歩き回っている際、FMラジオから「キーン」、「ボーン」といった音(ハウリング)が起きる場合は、周辺に盗聴器が近くにあるかもしれません。盗聴器に近づけば近づくほどハウリングが激しく起こります。

目視でも探してみよう

意外にも発見しやすいのが、目視です。たとえば、盗聴器が仕掛けられやすいコンセント回りやエアコン周辺はチェックしておくといいでしょう。さらに、いつのまにか自分のスマートフォン内に盗聴用のアプリが入っていた!なんてこともあります。

このように、「まさかこんなところにあるはずない」と思っていると、思わぬ場所から見つかるかもしれません。違和感のある箇所があれば、積極的に探してみるようにしましょう。

発見は発見機を使うのが一般的

盗聴器はFMラジオや目視を使って探すことができるとご紹介してきました。しかし、FMラジオでは周波数の違うものをみつけることができませんし、目視では見落としが起きてしまうでしょう。

これらの理由から、部屋中の盗聴器を自力で見つけることはなかなか難しいといえます。そのため、盗聴器の発見には盗聴器発見器が使われています。

盗聴器発見機を使った発見方法

盗聴器発見機を使った発見方法

先ほどの章で、盗聴器発見器を自作して発見するのは難しいということをご説明してまいりました。ここからは、盗聴器発見器を活用する方法についてご紹介いたします。実際に盗聴器発見器をご検討中の方はご参考くださいませ。

盗聴器発見機の種類

盗聴器には大きく分けて、以下のふたつがあります。

〇ハンディタイプ
名前のとおり、手に収まるサイズ感の盗聴器発見器です。持ち歩きながら部屋中を探し回ることができるというメリットがあります。価格は1,000円から10,000円程度のものが多く、リーズナブルであることから購入しやすいのではないでしょうか。

盗聴器発見器のなかには、盗聴器だけでなく隠しカメラも発見することができるものがあります。

〇デスクトップタイプ
ハンディタイプに比べて、広範囲の受信帯域に対応しており、高性能なものが多いです。価格は20,000円から80,000円程度で、ハンディタイプに比べて高価です。ハンディタイプではみつけられなかった盗聴器も、デスクトップタイプで見つけることができる場合があります。

レンタルサービスの業者もある

盗聴器発見器にある程度の性能を求めると、価格も高くなってしまいます。場合によっては、盗聴器発見器をレンタルすることで安くなる場合があるのです。レンタルサービスは一泊二日あたり2,000円~9,000円程度で借りることができる物もあります。

「自分で探し当てる自信がない……」という場合は業者への依頼がおすすめです。業者は盗聴器が隠されやすい場所やポイント、機械の扱い方を熟知しているため、自分で探すよりも見つかりやすいでしょう。

盗聴器発見機を使う発見方法

普段、盗聴器発見器になじみがないという方も多いでしょう。ここでは、盗聴器発見器の使った発見方法をご紹介します。

〇発見方法

  1. 盗聴器があると思われる箇所に、盗聴器発見器を向ける
  2. ハウリングしている箇所を探す
  3. 音が大きくなる場所に近づき、盗聴器を見つける

スマホのアプリは効果的?

スマートフォンが普及しているいま、盗聴器を発見するアプリもあります。

しかし、アプリの発見器には大きな欠陥があることをご存知でしょうか。それは「周波数」です。アプリで受信できる周波数と盗聴器の周波数はかけ離れており、スマホでは盗聴器を探知できないのです。

スマートフォンを使用して盗聴器を見つけることができれば便利ですが、現実的とはいえないでしょう。

発見機でも見つかりにくい盗聴器に注意!

盗聴器にはさまざまな種類が売られており、なかには簡易的な盗聴器発見器では見つけることが難しいものもあります。

たとえば、リモコンを操作することで電波のオンオフをコントロールすることができる「リモコン式盗聴器」は、オフの状態だと電波を受信することができません。

「スクランブル盗聴器」は周波数が一定の時間で切り替わります。この場合、盗聴器と盗聴器発見器の周波数が一致して発見する方法は、周波数が変わるため使うことができません。

そのため、確実に盗聴器を見つけるには、盗聴器発見のプロにおまかせすることです。次の章では、盗聴器を業者依頼して見つけてもらう方法についてご説明します。

盗聴器の発見を業者に依頼する場合

盗聴器の発見を業者に依頼する場合

ここまで、盗聴器発見器の使い方や特徴、種類などについてご紹介してきました。ここからは、なかなか自分では見つけづらい盗聴器をプロにおまかせする場合についてご説明します。

「初めて業者に依頼するので不安だ……」という方は、利用する際の参考にしてみてください。

どこに依頼すればいい?

盗聴器の探してもらえる場所は、おもに探偵事務所や警備会社などがあります。さまざまな会社が盗聴器発見業務をおこなっており、「どこで依頼すればよいかわからない……」なんて方もいるかもしれません。

このような場合は、盗聴器の発見・調査などをおこなっている業者と提携している弊社に相談してみてはいかがでしょうか?ご相談内容をお聞きしたうえ、最適な業者をご紹介させていただきます。

業者に依頼するメリット

自分で盗聴器を探そうとしても、目視や発見器の性能、なにより取り扱いが難しいものもあり完全に見つけることが難しいでしょう。しかし、業者は盗聴器発見に特化しているため、より精度の高い探知作業を依頼することが可能です。

ほかにもさまざまな盗聴器に対応していることや、柔軟な判断が期待できる、今後の対策を提案してもらえる……などといった、多くのメリットがあります。

業者に依頼する際の費用

盗聴器発見を業者へ依頼するときの費用は、調べたいお部屋の広さや、出張費、使用する機材によって上下します。

たとえば、集合住宅の場合は約20,000円から40,000円で、一戸建て住宅の場合は約30,000円から40,000円が費用相場です。

依頼をする前に見積りを依頼しておき、その後、追加料金が発生しないかどうかを業者へ確認しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

盗聴被害の不安が少しでもあるなら

「ここ最近、見覚えのない電話番号から電話がくる」「頻繁に同じ車が近くに止まっている」こういった不審なことが起きている場合は、盗聴されているおそれがあります。「もしかしたら盗聴されているかも……」と不安に感じた場合は、自身の安心、安全のためにも業者へ依頼しておきましょう。

弊社は、国家資格を持っている盗聴器発見のプロを派遣し、調査から事後報告までおこないます。依頼するのが初めてという方でも、どのようにして調査をおこなうか、盗聴器とはどのようなものなのかといったご相談もお気軽にしていただくことができますよ。

まとめ

今回は、盗聴器発見器を自作する方法や発見器の使い方、業者に依頼する方法などについてご紹介しました。

盗聴器発見器を自作して隠された盗聴器を見つけるのは難しいため、盗聴器発見器を購入することをおすすめします。しかし、盗聴器にはさまざまな種類があり、すべての種類の盗聴器を自分で探し出すのは極めて困難です。

しっかりと調査をおこなうためにも、プロへ依頼して見つけ出してもらうようにしましょう。弊社ではどのような時間帯でもお電話にてご相談、ご依頼をしていただくことができ、お近くの加盟店スタッフにお繋ぎできます。

確実で安心できる業者へ依頼することで、盗聴器による不安を取り除く近道となるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-949-667
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 盗聴器発見110番とは

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます