最新情報・レポート

盗聴器に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。盗聴器や調査に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いいたします。

盗聴器発見アプリはどこまで頼れる?

盗聴器発見アプリはどこまで頼れる?

 

盗聴器が仕掛けられることは、映画やアニメなどの世界だけだと、思っている方も多いのではないでしょうか?しかし実際に盗聴器が仕掛けられていることがあった事例もあります。まさか自分が仕掛けられることはないと思っていても、賃貸住宅などでは以前住んでいた住人が付けていくこともあるそうです。

 

しかし実際に付いているかもわからない状態で、盗聴器のプロや探偵を呼んで調べてもらう気にはなりません。そのため身近なスマートフォンで盗聴器を探す方法として、盗聴器発見アプリを使ってみてはどうでしょうか?今回は盗聴器発見アプリの実力・機能や盗聴器の種類についてご紹介します。

 

 

盗聴器発見アプリの実力

盗聴器発見アプリの実力

 

スマートフォンアプリサイトでは盗聴器発見アプリがたくさん配信されています。実際に電波を飛ばして盗聴器が反応するか確認するものが多くみられます。盗聴器は「UHF帯域」と呼ばれる盗聴波がよく利用されます。この「UHF帯域」はワンセグの周波数帯と似ているためスマートフォンでも反応することができると考えられています。

 

そのため盗聴器が出している周波数と、盗聴器発見アプリが出す周波数が一致すれば、盗聴器があることがわかります。この周波数はなかなか合わせることが難しいので、盗聴器のプロはさまざまな道具を使用して、いろいろな周波数を飛ばし、盗聴器の調査をします。盗聴器発見アプリはそのような細かい周波数を飛ばす性能がないことが多く、実際に発見できることは少ないと言われています。またスマートフォンの使用周波数帯は、多くの盗聴器に使われている「UHF帯域」に対応していないものが多く、盗聴器発見アプリを使っても、対応した周波数を出すことができないことも多いようです。

 

しかし、スマートフォンが出せる周波数と同じ周波数を使っている盗聴器もあるため、必ずしも反応しないというわけではありません。同じ周波数の盗聴器が仕掛けられているときは、見つけることができます。またスマートフォンの電波が通りにくいなどのときは、盗聴器が仕掛けられている可能性もありますので、一度盗聴器発見アプリを使用し、何か反応がある場合は、盗聴器のプロに相談すると良いのではないでしょうか。

 

盗聴器の主な電力供給方法

盗聴器の電力供給は主に3種類あります。さまざまな場所に仕掛けられるバッテリー式や、半永久的に電力供給が行えるコンセント式が現在主流になっています。

 

・電池(バッテリー)式

盗聴器は基本的にこの電池(バッテリー)式のものが前提に作られていました。黒いボックス型の盗聴器などは、電池(バッテリー)やアンテナが内蔵されており、その電源を使って音声の受信を行い、端末に送信します。このタイプは設置する場所を選ばないため、重宝されています。最近ではパソコンに繋ぐものに仕込まれていることが多く、パソコンと繋ぐため自動で電池(バッテリー)の充電が行われて、半永久的に使用できるように作られています。

 

・コンセント式

現在最も多く使われている盗聴器と言われています。このタイプはコンセントから電源を取って壊れるまで永久に盗聴することができます。しかし、設置する場所を選ぶことがデメリットになるため、延長コードやテーブルタップなどの中に仕込まれることが多いです。居住している人の盗聴をする目的の場合は、コンセントカバー内に盗聴器を仕込む場合もあります。

 

・電話回線式

今ではあまり見られませんが、電話回線に直接盗聴器を仕掛けるタイプです。これは室内に侵入して設置しないといけない盗聴器を外から設置できるもので、室内の盗聴はできないものですが、電話の会話を盗聴することができます。電源を電話線から取っているため、半永久的に使用することができます。

 

近年主流!盗聴器が仕組まれやすいものとは?

近年主流!盗聴器が仕組まれやすいものとは?

 

最近の盗聴器は身近なものの中に仕込まれていることもあり、見た目で判断することが大変難しくなっています。最近では身近なものや意外なものにまで仕掛けられていることがあります。盗聴器が仕掛けられている疑いがあったら、一度確認をしてみると良いかもしれません。

 

・マウス型

パソコンまわりに仕込まれている盗聴器で、最近増加傾向にあるのがこのマウス型盗聴器です。基本的にパソコンと繋がっているマウスは、パソコンを使うたびに電源を取れるため、半永久的に盗聴することができます。安く売られているメーカー名がない無地なものは、盗聴器が仕込まれている可能性がありますので、盗聴されないためにもできるだけメーカー名が入っているものを使用しましょう。

 

・カード型

盗聴器は薄さ5ミリほどのものもあり、カードのように薄いものにも仕込ませることができます。カード型盗聴器のメリットは、本や家具の隙間などに仕込ませることができるところです。薄いことを利用してどこにでも仕込ませることができます。しかし、電源は電池(バッテリー)式になるので、電池切れを起こすことがデメリットです。

 

・電卓型

主にオフィスで使用されている盗聴器です。電源は電卓内の電池から供給されるため、半永久的に使用することが可能です。電卓であれば怪しまれずに置いておくことができるのがメリットですが、あまりに電池が頻繁に切れると怪しまれる恐れがあるので、電池はできるだけ長持ちするものを選ぶと良いとされています。

 

・置時計型

腕時計型もありますが、一般家庭に仕掛けられる盗聴器ではまだまだ多いタイプです。プレゼントにも選ばれることが多いので、盗聴したい人に渡すことができます。また寝室でも使用されることが多く、浮気調査などに使われ、証拠として挙げられることもあります。しかし、置時計をどこに設置するかは所有者によるので、盗聴したい場所に設置される可能性は低くなります。

 

まとめ

いかがでしたか?映画やアニメの世界では頻繁に出てくる盗聴器ですが、もしかしたら身近な場所に設置されているかもしれません。最近話していない話を知っている人がいたり、なぜか情報が漏れていたりする場合は、盗聴器の存在を疑う方がいいでしょう。

 

疑いを持った場合は、スマートフォンで盗聴器発見アプリを使用して、何か反応がないか確認を行い、盗聴器のプロに相談してみるといいでしょう。知らないところであなたの情報が漏れている場合は、何かの事件に巻き込まれてしまう危険性もあります。意外と身近に存在している盗聴器を一度調べてみてはいかがですか?

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-667

24時間365日 日本全国受付対応中

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-667

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-667
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 盗聴器発見110番とは

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます